1. ファンデをやめたいTOP
  2. 厚化粧は老けて見えるからやめたい...ニキビ跡はどうすればいい?

厚化粧は老けて見えるからやめたい...ニキビ跡はどうすればいい?

ニキビ跡を隠そうと、濃い化粧をするつもりはなくてもファンデーションを重ね塗りしてしまう...。
結局、厚化粧になってしまい老けてみえてしまうし、崩れたりよれたりすることが多くなってしまう...。一体どうしたらいい?

ニキビ跡を厚化粧で隠すとよれるし厚塗り感がでて老けて見える

厚化粧をすると老けて見えるからなるべく薄い化粧をしたいけど、そうするとコンプレックスになっているニキビ跡が隠せないし...。と、困っているあなた。

ファンデーションを重ね塗りすればニキビ跡はかなり隠すことができます。

しかしその分老けて見えてしまうし、時間が経てばよれることや毛穴にファンデが詰まることも...。

そうなると余計に濃い化粧をしてる...と見られてしまいますよね。

自分では厚化粧していないつもりでも、凸凹なニキビ跡を隠そうとするとつい重ね塗りしてしまいます。

結果、老けて見える化粧をしていることになってしまうんですね。

ササッと薄く塗るだけでキレイになる同僚を横目に
「何で自分はこんなに化粧のことで悩まないといけないの...?」
と悲しくなってしまいますよね。

老けて見えるからファンデーションをやめたい!けどニキビ跡が...

ファンデーションはお肌の質感を均一にしたり、ツヤや明るさを出すのには欠かせないアイテムですが、厚塗りして厚化粧になってしまうとすぐによれる・崩れるなどして、老けて見えることがネックとなります。

それに、ファンデーションには油分の他、多くの添加物も含まれていて、長時間お肌につけておけば悪影響だって与えてしまう可能性すらあります。

それならいっそのこと、老けて見えるのだったら化粧をやめてしまいたい!と思ってしまいますよね。

でも本当に化粧をやめてしまえば素肌がモロにさらけ出されてしまうので、ニキビ跡はそのまま露出してしまいます...。

つまり、別の意味で老けて見えてしまうようになったり、シミやそばかすもそのまま見えてしまいます。

「結局どうすればいいんだ~!!」って泣きたくなってしまいますよね...。